QLOOKアクセス解析
2010年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010年05月20日(木)

アレルギー検査をする前に飼い主として出来る事☆



今回のお話はナナちゃんにアレルギー症状が出始めて、もう何年も経ちますが
この何年もの間、これだけは変わらずに皆さんに伝えて行こうと思っている事です
母ちゃんと長いお付き合いの方々は親ブログの方で何度も目にした言葉だと思いますが
また改めて読んで頂ければ嬉しく思います

今回も文章長めになっておりますがお時間宜しかったらどうぞお読みになって下さいね☆



皆さんのワンちゃんはアレルギー検査を受けた事がありますか?

なならきは前回の日記でも書きましたが

手作りごはんを与えるようになって半年が過ぎた頃からナナちゃんにカイカイが出始め

特に獣医さんはアレルギー検査を勧める事はなかったものの気になって仕方がなく

自分自身も家族もアレルギーを持っていなかった為、無知がゆえに

アレルゲンさえ取り除けばカイカイは治るものだと信じて自分から検査をお願いしました☆



5月15日(土)撮影
ナナ☆




まだアレルギー検査をする前、最初の診察の時にカイカイが酷かった為

痒み止めのステロイド剤と抗生物質を頂いたんですが

獣医さんはそれと並行してアレルゲンフリーの処方食を出して下さったんです

でもね当時、既に食のお勉強をしていた母ちゃんは

それを食べさせるのにとても抵抗があって

でも今はそんな事言ってられないよ!って事でとりあえず1kgだけ、ここで1回目の苦難

アレルゲンさえ判ればこの辛い痒みから解放されるんだからそれまでの我慢だって割り切って

早々に検査をお願いしたんですけど・・・




らきお




検査結果が出て

獣医さんに手作りご飯で様子をみたい旨を伝え、ご飯の内容を見直し見直し~♪

ところがナナちゃんの状態は一旦お薬で治まったように見えたカイカイも

お薬が無くなって少し経つとまたカイカイ

アレルゲンを取り除いたごはんを与えても全然変わらず

はて?何故だ?ここで2回めの苦難


最初の数年はアレルゲンを省いた手作りご飯やフードを与えたりしていたんですが

全然状態変わらずで、もう数え切れないほどの苦難

ステロイド剤に頼りながら

当時ブログも何もやっていなかった母ちゃんは一人、悶々とした日々を送っていました

それでも1年1年が過ぎていく中で必ず状態が酷くなるっていう時期が判り始めて

この時初めて獣医さんが何故

アレルギー検査を勧めなかった理由が理解出来たように思います




投げろだじょ☆




当時、検査をお願いする時に何故勧めないのか?と尋ねてはいたんです

先生曰く

検査はお願いされればしますけど

アレルギー症状は、それらを省いた物を与えていても

あまり良い結果が出ずに今度は別の物に反応したりでどんどん食べさせる物がなくなって

収拾つかなくなり堂々巡りに陥って飼い主さんが疲れてしまう傾向が多々あるから

それよりもアレルギー症状を引き起こしているワンちゃんは腸の働きが悪いコが多いので

新陳代謝を促す為にも水分をそれなりに摂取出来る手作りご飯は良いと思います


と、仰って下さったんですよ~☆

当時、手作りご飯を始めた時に毎月のように体重測定に行っていたので

ドライフードをやめて手作りご飯を与えていた事は伝えてありました

この言葉でどんなに救われた事か

山あり谷ありで大変な思いをしながらも母ちゃんが今も尚

手作りご飯に拘って実践してられるのはこのお言葉があったからかも知れないですね~♪



5月16日(日)撮影
ナナ2




こちらの親ブログには

まだブログを始めたばかりで今以上に下手っぴ~な文章で、読みにくいかと思いますが

なならきのアレルゲンも全て書き出してあります。

らきお君のアレルギーについても書いてあります。

そして検査をしてから数年経った今でも変わらずに伝えたい事。

お時間がある方はぜひ、お読みになってください☆

お時間のない方は親ブログに飛ぶ時間もないと思うので

こちらにも同じ事を書き留めておきたいと思います☆



 



もしこれからアレルギー検査をしようと思っている方がおりましたら

少しだけ考えてみてください。

1度検査をしてしまうと食べさせられない恐怖と立ち向かう事になります。

高額なお金を払って検査をしてもアレルゲンは年々変わっていきます。

また別な物を食べさせなければいけなくなります。


もう1つ確かな事は

痒みの原因がアレルギーが原因ばかりではないと言う事。

検査をすると必ずのようにアレルゲンは出ます。


腸の状態が悪かったり、ホルモン異常だったり

ストレスが原因で舐めたり噛んだり

排毒現象だったり←これは正に身体を浄化しようとしてなる現象なんだけれど

飼い主は悪くなったと勘違いしてしまう作用なんです。

私もまんまと騙されていろいろ悩み尽くしました。



 



5月15日(土)撮影
ルンルン☆




ナナちゃんはらきお君と比べるとはるかに水分の摂取量が少なくて

毒素の排泄ルートは尿からと言う事もあり

それもアレルギーの要因に繋がったのでは?と思っています☆

なのでここでも母ちゃんが手作りご飯に拘った理由に繋がります

でもだからと言って皆が皆、手作りご飯を作る時間がある訳でもないですし

全てのフードを非難している訳でもありません

愛犬の状態を無視して安いからとか手軽に手に入るからとかではなくて

そのコそのコに合ったフードを探してあげて下さい☆

そして、痒みや湿疹、赤みなど普段と変わった症状が出た時には

すぐにアレルギーじゃないかと判断しないで

↑のような症状だったり単に皮膚病だったって事も有り得ます。


既に検査をしてしまった方も

ある一定の物を食べさせると必ずのように症状が出るなら

そのアレルゲンを食べさせないに越した事はないけれど

ナナちゃんのように季節的なものやアレルゲンを食べさせていないのに症状が出るような

何に反応しているのかイマイチ判らない方はあまり神経質にならないで

様子をみながらアレルゲンも含みいろいろな物を食べさせてあげてみて下さい

今現在ナナちゃんはアレルゲンも食べさせているけれど

酷い状態にはなっていません


普段から愛犬の状態を良く観察する事が

愛犬にとっても自分自身にとっても一番大事な事なんだと思います☆



アレルギー検査の結果に囚われず愛犬の観察あるのみだね!のポチをよろしくですよ~

モバペ|ペット人気ブログランキング  ランキングバナー★

モバペ|ペット人気ブログランキング   人気ブログランキングへ
 

今日も遊びに来てくださってありがとうございま~す



スポンサーサイト
00:22  |  手作りご飯  |  CM(27)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。