QLOOKアクセス解析
2010年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010年05月18日(火)

手作りご飯へのトラウマ☆



先日ちょろっと予告編として書いてしまった手作りご飯へのトラウマ
お友達へのコメント欄では随分前に何度か書いた覚えがあったんですが
今更ながら日記の方にも書いておこうと思います
本日は文章長めの日記ですが、よろしくですよ~♪



母ちゃんが初めてなならきに手作りご飯を作ったのが2003年1月22日

ナナね~ちゃんが1歳7ヵ月、らきお君が11ヶ月の時です

当時はまだブログを開設していなかったので

代わりに、食べた物の詳細・うんP君の回数・気付いた事などを書き込める

ごはん日記を付けていました~☆

でもカミングアウトじゃないけれど皆さんに自分のしている事をバラしちゃったら

その後、全然書かなくなっちゃった

まぁ~人間、そんなもんですよね~

大きな事はブログに記録してるし小さな事は頭の中に入ってるし良いんじゃん

途端にズボラになってしまった母ちゃんです




ナナ2




初めて手作りごはんで与えた物は『生食』だったんですが、これがダイエットには最適で

ナナちゃんは当時、ドライフードを1食50g弱ほどしか食べていなかったし

オヤツもしょっちゅう与えていなかったし雨以外は長距離のお散歩もしてたのに

12kg近くもぶくぶく太ってこりゃぁイカンと思って始めた訳なんですけど

半年ほどで8kg台まで落ちました~

その当時でお肉の量だけでも1食100gは与えていたので

決して少ない量ではなかったんですけど~


同じくらきお君もパピー時代からナナね~ちゃんと一緒に同じ距離をお散歩して

日々の運動量も多かったのでパピヨンにしては骨格が大きくなって

4,5kgあっても太ってはいなかったんですが

ナナね~ちゃんだけ生食っていう訳にも行かず一緒にスタートしたら

4,5kgあった体重が半年ほどで2,8kgまで落ちてしまって当然、骨がら状態です

もちろん、この体重に行き着くまでにお肉を増やしたり

栄養補助的なトッピングをしたりサプリを追加したり

いろいろ試してはきたんですけど、なぜかどんどん痩せていって

お肉の量も70gを越えるとうんP君が緩くなってしまうのでそれ以上は与えられないし・・・

この時はナナちゃんよりもらきお君の状態の方がヤバイと思い、早く太らせないとって事で

また、フード生活に戻ったら見事に数ヵ月後、元通りに戻ったんですけどね

この一件でらきお君には生食は合わないなと実感




ラッキー




ナナちゃんも最初は体もスレンダーになって元気元気だったのが

当時、2歳を過ぎた頃だったんですがカイカイが始まり元気がなくなってきたんですよね。。

その痒がっている場所や湿疹が出ている場所が左右対称であった為

アレルギーの可能性があるという事を獣医さんから聞かされました


母ちゃんの頭の中は正直パニックですよ

だって、初めての手作りごはんでなぜ、生食を選んだのかって

全てが生なので酵素を含んだ栄養をふんだんに取り入れる事が可能ですし

それゆえ、消化吸収も良くダイエットにも一躍買ってくれるなら

メインが生肉の生食は絶対にワンコに合っているだろうし喜ぶに決まってるじゃんね~♪


先生は特にアレルギー検査を勧める事はしませんでしたが

こうなってはもう気になって気になって仕方がない母ちゃん

自分から検査をお願いしました(この検査については次回の日記にて書く予定でいます。)


と同時に

母ちゃんが手作りごはんなんか与えてしまったから

こんなアレルギーなんかになってしまったんだっていう罪悪感でいっぱいになって

もちろん中途半端が嫌いな母ちゃんは手作りご飯を始める前にたくさんの本を読んだり

ネットでお勉強させてもらったりして手作りごはんの良さは判っていたつもりだったので

アレルギーを起こさない為にも同じ物ばかりを食べさせないように出来るのも

手作りごはんの利点

なのに結果、こんな事になってしまってどうしたらいいのよ!って悩み続けました

生食がダメならおじやはどうよ!って




ナナ




でも結局、またフードに戻ったりして・・・

でも根が頑固者の母ちゃんはやっぱり手作りごはんの良さが捨てきれず

親ブログからのお友達は判っていると思うけど何度も挑戦してはフードに戻っての繰り返し


だけど、やっとこの1年くらいで

ナナちゃんのアレルギー症状の実態を客観的に見る事が出来るようになって

今までは罪悪感から手作りごはんが良いと判ってはいても

症状が表れると自信が無くなっての繰り返しでダメダメだった母ちゃん


でも冷静になって考えてみれば

手作りごはんが原因でアレルギーを引き起こした訳ではなくて

元々柴ッコはアレルギー体質のコが多いのとそのアレルギーが出始める年齢に達していた事


あと、ペットフードで健康になるでも書いたんですが、パピー時代生後7~8ヶ月辺りまで

ホームセンターで売られていた粗悪なフードを与えていたのも

アレルギーの要因になったのでは?と、今更ながら思えるようになりました


ナナちゃんは元々がアトピー体質なので1年中カイカイしっぱなしですが

それでも症状が落ち着いている時、酷くなる時の時期があって

酷くなる時は何をやってもダメなのでお薬に頼るしかなかったのですが(それもまた罪悪感)

でも、母ちゃんがアレルギーに対して客観的にみれるようになったおかげで

痒み止めのステロイド剤も上手に使えばナナちゃんの肝臓にも負担がかかる事無く

楽に過ごせる事が出来る大事なお薬なんだと思えるようになって

母ちゃんの気持ちもだいぶ楽になりました~☆


これからも手抜きをしながらも手作りごはん、続けて行こうと思います

次回は、『アレルギー検査をする前に飼い主として出来る事』です♪

お楽しみに~☆



手作りごはんのトラウマから脱出出来て良かったね!のポチをよろしくですよ~

モバペ|ペット人気ブログランキング  ランキングバナー★

モバペ|ペット人気ブログランキング   人気ブログランキングへ
 

今日も遊びに来てくださってありがとうございま~す




スポンサーサイト
00:10  |  手作りご飯  |  CM(26)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。